◆遺言・相続

●遺産相続

突然の急死など、相続の悩みは人様々ですね。

あなたの気になることに誠意をもって相談にのります。税理士だけでなく、相続後の登記も司法書士と提携しているのでおまかせください。

  

 

遺産の相続はそれぞれのパターンによって違います。

 

【法定相続分】

法定相続分とは法律の定めによる相続分です。被相続人の財産を相続する人を相続人といい、民法ではその範囲や相続できる順位、財産の取得割合が決められています。

 

法定相続人の範囲

配偶者

夫または妻

子供

子供がすでに死亡しているときは孫(代襲相続)           

(相続人がすでに死亡しているときは、その子供が相続します)    

配偶者の親は含みません。親が死亡しているときは祖父母

兄弟姉妹

すでに亡くなっている兄弟姉妹については、1代限り代襲相続します。

 

相続順位・法定相続分

相続順位

相続順位・法定相続分    

 

第1順位

配偶者 1/2

子供 1/2(人数で分割)

第2順位

配偶者 2/3

親 1/3(人数で分割)

第3順位

配偶者 3/4

兄弟姉妹 1/4(人数で分割)

 

 

●遺産分割協議書作成

 

遺言書にしたがって作成します。

自筆遺言書が見つかった場合はすぐに開封しないこと。保管者または発見した相続人が家庭裁判所の検認を受けてからにします。封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等の立会の上開封しなければならないことになっています。

遺言書があっても改めて遺産分割について協議することもあります。

遺言がない場合は相続人の調査・確定、相続財産の調査・確定、相続放棄・限定承認、遺産分割協議と進めて合意がされれば書類にして遺産名義変更となります。

遺言書

遺産をどうするか決めなかったこと。

亡くなる直前に後悔する理由の一つです。

 

●よりよい相続、遺言書のために以下の3つの方法

 

【成年後見制度】

超高齢社会となって考えもしなかった様々な病気、故障により社会生活が困難になる。

申し立てにより家庭裁判所、被後見人、後見人が三位一体となって資産管理、介護などのサポートをしていきます。

 

【遺言書作成支援】

遺言書は後のことを考えて残した方がよいです。書き方は様々あります。

 

【公正証書遺言】

費用の安い自筆遺言に比べると高くつきますが、確実です。

 

●よりよい相続、遺言書のための3つの方法

【成年後見制度】

超高齢社会となって考えもしなかった様々な病気、故障により、社会生活が困難になる。

申し立てにより家庭裁判所、被後見人、後見人が三位一体となって資産管理、介護などのサポートをしていきます。

 

【遺言書作成支援】

遺言書は後のことを考えて残した方がよいです。書き方は様々あります。

 

【公正証書遺言】

費用の安い自筆遺言に比べると高くつきますが、確実です。



◎お気軽にお問合わせください。

TEL 0470-67-5874

Mail は→こちら

◆連絡先 

〒298-0004

千葉県いすみ市大原9522-1

 

 地図は→こちら

 

TEL 0470-67-5874

FAX 0470-67-5094

◆営業時間

 9:00~18:00
 (土・日・祝日休み)

 営業時間外、
 休日応相談。

 お気軽にご連絡下さい。

新設法人を応援!

設立1期目は、

記帳代行料金 

通常料金の20%OFF! 

料金の詳細は→こちら